健康サポート

青汁は妊娠中も飲んでいいの?むしろ妊婦さんにはおすすめです!

こんにちは。
青汁マイスターのHIDEです。

妊娠中は、赤ちゃんの為にお母さんが摂取する栄養分はすごく気をつかいますよね?
僕も子供がいるので、妊娠中の妻を見ていて思いました。

もちろん実際に男なので妊娠したことないのですが、妻を見ていてすごく体内に入れる栄養などに気を使っていたので他の男性よりは分かっているつもりです。
なので、今回は妻を見ていて思ったことや実際の体験談を踏まえて妊娠中に青汁を飲んだ方がいい!というのをお伝えして行こうと思います。

妊娠中には、つわりがあったりして食べ物を食べるのがきつかったり、食事の臭いだけでも吐き気がしてくるなんてこともありますよね?
で、なかなか食事がとれなかったりして赤ちゃんにしっかりと栄養が行っているのか不安になったり。

他にも、妊娠してから便秘になったというお話も多く聞きますよね?
実際に、妊娠してから便秘になった人も多くいらっしゃいますし妊娠してから便秘がひどくなった!という方もいらっしゃいます。

  1. つわりがひどくてなかなか食事を摂れない方
  2. 赤ちゃんにしっかりと栄養がいっているのか不安な方
  3. 便秘に悩んでいる方

このような事に悩んでいる妊婦さんの方には青汁はすごくおすすめです!

 

なぜ妊娠中に青汁を飲むことは効果的なんでしょうか?

よく青汁は健康にいいから飲んだ方がいいよ!って言われてもその根拠がわかんないですよね?

なぜ、妊娠中にも青汁を飲んだほうがいいのか?1つずつ見て行きましょう。

葉酸

妊娠中は葉酸を摂って下さい!って言われると思います。
これは、産婦人科の先生も実際に病院で言われていることですし、労働厚生省でも数年前に発表がありました。

その理由なんですが、
1.葉酸を摂取してないアメリカと比べて日本での神経管閉鎖障害の発症率が高まっている
2.妊娠初期の赤ちゃんの疾患の神経管閉鎖障害の発症率が低い国で葉酸がそのリスクを減らすと発表された
3.今の日本んの食生活が葉酸不足を引き起こす可能性がある

このようなデータを見て日本の厚生労働省が葉酸を摂りましょう!と発表があったんです。

その葉酸なんですが、青汁でも厚生労働省が推奨している量を摂ることができるんです。
僕としては、葉酸のサプリを飲むくらいなら青汁で栄養と葉酸を一緒に摂った方がいいと思います。

労働厚生省で1日に推奨されている葉酸の量は400μgなんですが、野菜でそれを摂ろうとすると350gの野菜を食べないといけないんです。
350gの野菜とは例えばで言うと

・もやし 半袋
・レタス 半玉
・ホウレンソウ 半束

毎日この量を食べないといけません。
何日かだったら食べれそうですが、毎日になると難しいと思います。
しかも妊娠中だともっと難しいですよね?

そうなるとサプリで補いましょう!と国が言っているわけです。
なので、僕は葉酸のサプリを飲むくらいなら青汁で補うことができますので青汁を飲んだ方がいいと思いますよ!

1日に摂取しないといけないのが400μgですので、青汁にもそれ以上摂れる青汁はありますからね!

ビタミンB2

ビタミンB2は『成長ビタミン』と言われていて、細胞の新生や再生に必要な栄養素なんです。
ビタミンB2は水溶性のビタミンなので、過剰摂取したとしても尿と一緒に排出しますので摂りすぎということもありません。

ということは、赤ちゃんの発育の為には必要な栄養素なんです。
赤ちゃんの発育を助けるために、ビタミンB2は必要な栄養素なんですね。

ビタミンB6

ビタミンB6はつわりを軽減してくれる働きがあります。
つわりは、ホルモンバランスが崩れることでおこると言われていて、ビタミンB6はたんぱく質やアミノ酸を分解・合成してくれる働きがあり
その働きでホルモンバランスを調整してくれてつわりが軽減されると言われています。

つわりが酷くて病院に行った時に、点滴をする場合があるのですがその点滴の成分は主にビタミンB6の成分なんです。

青汁ではビタミンB6も摂取できるので妊娠中にも効果的と言われています。

ビタミンB12

ビタミンB12が不足すると、貧血になり『めまい』や『立ちくらみ』などをひきおこします。
それと、貧血になると赤ちゃんも貧血の状態になるのでよくありません。

その為、赤ちゃんは酸欠になり最悪のケース『流産』になりかねません!
なのでビタミンB12は必要なんです。

青汁にはビタミンB12の成分も入っていますので、妊娠中にも青汁は飲んだ方がいいんです。

鉄分

鉄分もビタミンB12と同じ事が言えるのですが、鉄分が不足すると貧血になります。
貧血になるとどのような事が起こるのかは上で説明した通りです。

青汁はその鉄分も摂れますよ。

カルシウム

カルシウムはご存じの通り、骨や歯の健康を保ち神経伝達をサポートしてくれる栄養素です。
妊娠中は赤ちゃんの骨や歯を作る為に必要な成分なんで、不足がちになります。

妊娠中は『妊娠高血圧』になる場合もありますので、カルシウムは『妊娠高血圧』を予防する働きもあると言われています。

食物繊維

食物繊維が不足すると、便秘になりがちです。
ホルモンバランスの崩れや子宮の圧迫によって便秘になる方が多いんですね。

そんな時は食物繊維をしっかりと摂れば、不溶性食物繊維が腸を刺激して排便を促してくれますし、水溶性食物繊維は水に溶けて便を軟らかくしてくれる性質を持っています。
なので、食物繊維は便秘を解消してくれる働きがあるんです。
ただし注意点!飲んではいけない青汁もある

妊娠中に飲まない方がいい青汁もある!

青汁の成分や栄養素の働きを説明してきて、いい部分ばかり説明しましたが中には妊娠中に飲まない方がいい青汁もある事も確かなんです。
青汁と言っても、中には健康にいい栄養素が入っていればその他に飲みやすいようにいろんな物が入っていて、全ての青汁がいいというわけでもありません。

なので、今から言う成分が入っている青汁は飲むのを辞めて下さいね!

カフェインが入っている

カフェインが入っている青汁があるのですが、赤ちゃんに影響を与えたり母乳にカフェインが入る可能性は低いのですがやはり心配することはイヤと思いますのでカフェインが入っている青汁はやめておいた方がいいですね!
カフェインを摂りすぎると、不眠や興奮状態になり生まれてきた赤ちゃんが寝付きが悪くなったりぐずったりする可能性があります。
その他にも、流産や早産、低体重、発達障害になる可能性もあると研究で発表されています。

青汁に入っているカフェイン程度ではあまり問題ないと言われていますが、せっかく体にいい物、赤ちゃんにいい物を摂取しようと思っているのに少し不安がある物はストレスにもなりますのでやめておきましょう。

添加物入りの青汁

青汁には添加物が入っている青汁もありますので、添加物が入っている青汁は飲まないようにしましょう。
添加物とは、保存料・甘味料・着色料・香料のことを言います。

なぜ添加物が入っているとダメなのか?ですが、そもそも添加物を入れる理由が飲みやすいようにしたり、保存を長期間できたりするように入れるのが添加物なんですね。
添加物は1つ1つには害がないと言われていますが、添加物の組み合わせが体に害を与えると言われています。

なので、妊娠中はできるだけ添加物が入っていない青汁を選ぶようにしましょう!

国産ではない青汁

国産ではない青汁に考えられることは、農薬の基準が著しく低い可能性があるということです。
日本では、農薬使用基準が定められていて体に害がないように定められています。
その中でも有機JIS表示されている青汁があるのですが、妊娠中は特にそのような青汁を飲むといいですね!

国産であれば法律で体に害がないように育てられた野菜を使用されているので妊娠中は国産を選びましょう!
もちろん、妊娠中以外でも国産の青汁を選んだ方がいいですけどね!

青汁なら同時に葉酸も摂取できる!

上記でも書きましたが、妊娠中に青汁を飲むメリットとして健康な体にするたに栄養をとることが目的だとは思うのですが同時に葉酸が摂れるのはすごく妊娠中の方には大切だと思います。
厚生労働省も推奨していますし、葉酸の摂取が足りてなかったら赤ちゃんに悪い影響が出ている!とデータも出ているくらいですからね。

今では、産婦人科でも葉酸を飲むように促しているそうなので妊娠中は葉酸を摂るようにしましょう!

そんな葉酸ですが、葉酸のサプリも今ではたくさん出ていますが基本的に葉酸を摂取する1日の目標が400μgです。
ただ、葉酸のサプリを摂取するくらいなら葉酸と同時に妊娠中に必要な成分を青汁で摂った方が一石二鳥なんですね。

青汁で妊娠中に必要な栄養を取って葉酸も青汁で同時に摂れるので葉酸サプリを飲むくらいであれば青汁で摂った方がいいと思います。
そのかわり青汁の中でもしっかりと1日400μg摂れる青汁を選ばないといけませんけどね!

便秘の方にも青汁はおすすめ

妊娠中は、、食物繊維が不足したり子宮の圧迫によって便秘になりがちです。
実際に妊娠して便秘になった方や、、便秘が酷くなった方も多いのではないでしょうか?

妊娠中はつわりや吐き気が多くなり、どうしても食事がおろそかになりがちですよね?
そうなると食物繊維が不足して便秘になってしまうんです。

そんな時に力を発揮するのが青汁です。

元々は、野菜不足の為に作られた飲み物ですし野菜には食物繊維が豊富なので青汁にも食物繊維が豊富に入っています。
なので、青汁を飲むと便秘を解消してくれるは働きがあるんです。

ちなみに僕も糖質制限ダイエットをしている時に、食物繊維が不足したのと水分が足りてなかった事もあり便秘になったことがあるんですよ!
その時から青汁を飲むようになったのですが、見事に便秘が治りましたからね!

ホントに、ビックリしました^^

このように、葉酸も1日400μgとれて、妊娠中の飲んではいけない青汁の成分もクリアしていて、便秘も解消してくれる有効成分が入っている妊娠中に飲んだ方がおススメの青汁はこちらです!

あなたにおすすめの関連記事

  1. 青汁には粉末タイプ・粒タイプ・ゼリータイプがあるけど違いはあるの?

  2. 青汁を飲むタイミングは朝・昼・夜いつがベストなのか?それともいつでもい…

  3. フルーツ青汁は糖質制限ダイエットに効果的なの?管理栄養士が本音を大暴露…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP